どこのオンラインカジノで遊んでいても必ず目にする「NETENT」のロゴは、ネットエンターテイメントのロゴです。
通称、「ネットエント」と呼ばれ人気の高いプロバイダーの1つです。

ゲーム数も豊富で、ソフトゲームからスロットマシン、はたまたライブゲームを提供するプロバイダー企業です。
そんなネットエントについて少し掘り下げて紹介をしていきます。

ネットエントの誕生

ネットエントの誕生
ネットエントは、略称です。
正式な名称は「ネットエンターテイメント」と言います。
このネットエンターテイメントは、実はカジノが作ったプロバイダー企業なんです。

ネットエントは、1996年にスウェーデンのストックホルムにある企業のCherryAB社が100%出資する子会社として誕生しました。
このCherryAB社という企業は、カジノをはじめレストラン、クルージングなどの観光事業を中心に運営している企業です。
また、CherryAB社はストックホルム証券取引所に上場している大手企業でもあります。

この企業がオンラインカジノゲームのソフト開発を目的に資本を出資して立ち上げたのが、ネットエントです。
このCherryAB社は、ネットエントのみならず、「Yggdrasil(イグドラシル)」にも資本を出資しています。

1996年のネットエントの創業は、オンラインカジノの誕生と全くの同時期です。
そのため、オンラインカジノプロバイダーとしては老舗と言える企業と言えます。

現在、ネットエントは、従業員が1000人を超え、ストックホルムナスダック市場に株式上場される企業にまで成長しています。

巨大化するネットエント

ネットエンターテイメントは、創業以来数多くのオンラインカジノゲームを作成してきました。
そして、多くのオンラインカジノで採用されるほど高い人気を得ることができました。

2019年9月、オンラインカジノプロバイダーとしてよく知られている「Red Tiger Gaminng」を約280億円で買収し、ネットエントとレッドタイガーは統合します。
統合後も、それぞれのブランド名を守りながら新作スロットマシンなどをリリースしていますが、レッドタイガーは、ネットエントの子会社となったのです。

そして、さらに驚くことに2020年6月にライブゲームで大きなシェアを誇る「エボリューション」というプロバイダーと、ネットエントが合併するというニュースが流れました。
両企業とも合併に向けて合意しているとのことで、エボリューションがネットエントを日本円にすると約2000億円で買収することになるそうです。

これによって、ネットエント・レッドタイガー・エボリューションと人気の高いプロバイダーが合体し巨大化することになります。
当然、オンラインカジノのプロバイダーとしても高い地位を手に入れることになるわけです。

ネットエントの特徴

ネットエントの特徴
ネットエントの特徴は、ソフトゲームとスロットマシンの両分分野に長けている点があげられます。
多くのプロバイダーがスロットマシン中心なのに対して、ネットエントはソフトゲームにも力を入れているのです。

そして、この側面は先にお伝えしたエボリューションとの合併でも大きな強みとなるのです。
エボリューションはライブゲームに特化したプロバイダーです。
そのプロバイダーと合併することで、ソフトゲーム・ライブゲーム・スロットマシンと三拍子そろったプロバイダーとなる事ができるのです。

ネットエントで人気のゲームは

企業規模が大きくなることは、今後に大きな期待を持てる材料になりますが、現在ネットエントが提供しているオンラインカジノゲームで人気が高いのはどのようなゲームなのでしょう。

まずは、ソフトゲームから紹介していくことにしましょう。
ソフトゲームでは「バカラ」と「ブラックジャック」が人気です。
「Baccarat Pro」は非常に人気の高いゲームとなっています。
ライブゲームと異なり、自分のタイミングで賭けを行え、ゲームの開始タイミングも自分で決められる点が人気となります。

そして、ブラックジャックでは、「Blakjack Classic」が人気です。
リリースされてから長い人気を誇るゲームです。
こちらもバカラ同様に自分のタイミングでスタートできるので、ベットアップの判断など、せかされることなくマイペースで行えるので人気となっています。

ネットエントのスロット人気機種

ネットエントのスロット人気機種
ネットエントで長年人気が高いスロットマシンと言えば「Starburst」です。
ボーナスゲームはありませんが、Wildの出現でリスピン機能があり、左右どちらからでも同じ図柄が揃えば配当が生じるスロットマシンです。

そして、新しくリリースされたスロットマシンで人気が高いのは、「Dead or Alive2」です。
前作の「Dead or Alive」のバージョンアップ機種で高い人気を誇っています。

ネットエントのスロットマシンの多くは、通常配当はそこそこあり、資金の持ちが比較的良いものが多いです。
半面、ボーナスゲームを獲得しても大きな配当にならないことが多い傾向にあります。
しかし、このボーナスが稀に超高額の配当を叩き出すことがあり、人気の要因となっています。

ネットエントのまとめ

カジノを運営する企業が生んだネットエントは成長をし、複数のプロバイダー企業を傘下に従えつつ巨大化していきました。
そして、エボリューションという新しいパートナーと手を組むことによって、ソフト・ライブ・スロットと3分野すべてに強いプロバイダーと進化をしているプロバイダーです。

巨大化に伴い、オンラインカジノ界では大きな影響力を持つ企業となりそうですが、同時にこの業界を牽引する役割も担ったと言えます。
オンラインカジノの今後の発展の中心的な存在となったネットエントに期待せずにはいられません。