数多くの実績を持つオンラインカジノの攻略法を一挙ご紹介

  1. オンラインカジノで儲ける
  2. 儲けをより確実にする方法

儲かるギャンブルである理由

ギャンブルに対する考え方

ギャンブルが好きな人間は、ざっくり分けると2種類に分類できます。ギャンブルをするという行為(ゲーム)そのものが好きな人と、勝った時の興奮を味わいたい人間です。
前者は「仲間と楽しくゲームをしながら、盛り上がって楽しい時間を過ごしたい」、「負けを前提として予算を決めてからゲームに臨む」タイプです。彼らにとって、ギャンブルは社交の要素が非常に強く、その目的は、ゲームの勝ち負けによっては左右されません。カジノであれば、店に入る前に「今日は10000円分負けたら終了」などと予算を決めておき、できるだけ1回当たりの賭け金の低い「ブラック・ジャック」などの駆け引きも楽しめるゲームを選びます。そして、仲間たちとテーブルに座り、冗談を言い合いながら、「はじめに設定した10000円で出来るだけ長く楽しむ」ようにするのです。その10000円が無くなればゲームをやめて、友人や他のプレイヤーのゲームを見学し、たまに想定外で勝ってしまった日でも、そこで熱くならずに、眠くなったら部屋に帰って寝てしまいます。そんな客ばかりだったら、カジノのビジネスは成り立たないでしょう。

カジノ側がターゲットにしているのは、後者の勝った時の興奮を味わいたくてギャンブルをする人々です。彼らの多くは1回当たりの掛け金も、1日のトータルの賭け金も多いです。また、ギャンブルには「ツキ」のような確率では測れない不確定要素のようなものがあると信じています。そのためツキが自分に来ていないと感じるときは、ツキが自分の方を向くまでじっと我慢します。場合によっては、「ツキを自分に向けさせるため」と無謀で大きな賭けに出る場合もあります。そして、一度「自分にツキが向いた」と感じると、ここぞとばかりに大金をベットするのです。彼らから見ると、前者のように、はじめに設定した1000円の予算が無くなったからといってゲームをやめてしますのは、「ツキが来る前にやめた」という行為に当たりもったいないのだそうです。

彼らに共通する考え方があります。それは「ギャンブルには必勝法が存在する」という考え方です。 もちろん、彼らも無知ではありません。カジノを含めパチンコ・スロット・競馬・宝くじに至るまで、あらゆるギャンブルには「テラ銭」が存在し、胴元が儲かりギャンブラーが損をする仕組みになっているという事ぐらいは、充分に知っています。 ただし、彼らにとってそれは「自分対店」ではなく「自分以外のギャンブラー対店」という構図において店側が儲かる仕組みが出来上がってると考えます。 つまり、店全体としては客が負け、店が勝つ。しかし個人として考えれば自分が勝ち店が負ける。 そのように考えるのです。 そう考える理由は、「どこかにこのギャンブルに勝つ必勝法がある」「それを自分なら見つけられるはずだ」という幻想です。 その幻想は、勝った後のビジョンにまで広がります。 その必勝法を知っている人間が自分一人であったり、ごく限られた少数の人間であったりするならば、店全体が動かす金の中で自分が勝ち得る金額は誤差の範囲となり、店側も必勝法に気付かない、または必勝法を容認するであろうという風に考えるのです。 そしてその幻想が、ギャンブラーたちを夢中にさせているのです。 彼らは、インターネットの書き込みを見たり、常連客同士の噂話を聞いたり、ディーラーの動きを分析したり、過去の出玉情報を調べたりと、多種多様な努力を積み重ね、「他の客が全員負けたとしても、自分だけはこのギャンブルで大きく儲けられる」と信じているのです。

この「攻略法があるはず」と考えてギャンブルにはまっていく人間には、「学習心理学」が当てはまります。 有名なのは「パブロフドッグ」です。ベルを鳴らしただけでよだれを垂らすというアレです。 今回参考にする実験では、犬ではなく空腹のねずみを実験に用います。 レバーを押すと餌が出てくる装置を準備し、ねずみの動きを観察しました。 レバーに触れると餌が出るということを何度も繰り返すと、ねずみはレバーを押すと餌がもらえることを学習しました。 次に、グループを2つに分け、グループAはレバーを押すと必ず餌がもらえ、グループBは時々しかもらえないようにしました。 実験はさらに続き、今度は両グループともレバーを押しても餌が出ないようにしました。 すると、グループAはレバーを押さなくなりましたが、グループBはレバーを押し続けたのです。 つまり、グループBは「レバーを押しても餌がもらえないこともあるが、餌がもらえることもあった」ことを学習しているので、次は出るのでは? と期待してレバーを押し続けるのです。 これは、そのまま前述の「必勝法がある」と信じてカジノにはまる人の心理構造と同じです。 一度勝った経験が「これが必勝法かもしれない」と思わせ、その次に負けても、前回勝った記憶があるため「毎回、当たるわけではない。別な必勝法があるはず」と考えて繰り返してしまうのです。

儲かるギャンブルである理由

更新:16.01.27/公開:12.06.17

儲かるのには”わけ”がある

 オンラインカジノはギャンブルの一種ですが、数あるギャンブルの中でも格段に高いペイアウト率、つまりプレイヤーの手元にお金が戻ってくる率を誇っています。

 しかもオンラインカジノのゲームの中には100%以上のペイアウト率をたたき出しているものも存在します。

 ですが、単に確率が高いというだけでは
オンラインカジノ≒儲かる
ということを高らかにうたう訳にはいかないですし、それだけで
『お薦めです!!』
と言い切る理由としては弱いと感じる人も間違いなくいるだろうと思います。

 ただ、それらを踏まえ考えた上で、それでも当サイトがおすすめするのには他に理由があるからにほかなりません。


 それこそが、「攻略法」と呼ばれるものです。


 オンラインカジノのルーツは誰もが知っているラスベガスとか現実に存在するカジノですが、そこは長い歴史の中で数えきれない程多くのプレイヤーがプレイを重ねてきた場所でもあります。

 テレビゲーム等の場合でもそうですが、同じゲームを多くのプレイヤーがプレイする以上、そこで「攻略法」というものが生まれるのは自然の成り行きであり、それはカジノでも同じことが言えます。

 そして、現実のカジノで誕生した沢山の攻略法がカジノと同じゲームが用意されているオンラインカジノでも使えるのは当たり前だと言えますし、実際にオンラインカジノで攻略法を使って儲けている人が沢山いるのもまた事実です。

 それだけではなく、オンラインカジノには現実のカジノにはない、オンラインであるが故に愉しめるゲームや、そんなオンラインカジノ特有のゲームに対する攻略法も存在しています。

 ここでは、そんなただでさえ高いペイアウト率をさらに引き上げる効果を発揮する攻略法についてご紹介したいと思います。

gotoTop