オンラインカジノの目玉でもあるゲームについて詳しくご紹介

ブラックジャック

  1. オンラインカジノで儲ける
  2. 各ゲームの紹介
  3. ブラックジャックの紹介

更新:16.01.27/公開:12.06.17


人気のカジノゲームブラックジャック 1

日本にカジノができたら、恐らく多くの人が、このゲームの面白さを再発見するだろう、といういトランプゲームがあります。 それが、「ブラックジャック」です。 地味なゲームのイメージがあるかもしれませんが、それは、友人同士でやっているからであり、カジノでディーラーを立てて、チップを賭ければ非常にエキサイティングになるゲームなのです。 今回はそのブラックジャックのルールについて解説していきます。

ブラックジャックとは、プレイヤーとディーラー1対1の勝負で、プレイヤー同士の戦いはありません。最初は2枚配られてスタートし、カードの合計の数字が21に近い方が勝ちとなるゲームです。 そのテーブルにいるプレイヤーの人数とは無関係に、勝負はディーラーとだけ、1対1です。 使用するトランプは、ジョーカーを除く52枚のカードです。 ブラックジャックでは、カードの数字の数え方が少し特殊です。
・絵柄(11以上)のカード
すべて10としてカウントされます。そのためカード全体の13分の4が10のカードとなります。
・A(エース)
1として使うか。11として使うかの2通りの好きな方を選ぶことが出来ます。
・2~10
数字そのままです。


ブラックジャック

 漫画やアニメ等、カジノを知らない方でも「ブラックジャック」という名前を聞いたことがある方は多くおられるかと思います。
 ブラックジャックはカジノでも人気のゲームの一つなので、それだけプレイ人口の多いゲームでもあります。
 プレイ人口が多いというからには、当然のようにほとんどのオンラインカジノでブラックジャックは遊べるようになってるので、
ブラックジャックを極めればどのカジノでも勝てるようになる
近道になるともいえるんです。

ブラックジャックについて

 ブラックジャックとは
「カードの合計値が21により近い方が勝ち」
という、とっても勝敗が分かりやすく出来てる『ルールが簡単』である上に基本的な攻略法も研究されているので、カジノを始めたばかりの人にもとっつきやすいゲームと言えます。

 けれども、ただルールが簡単で誰にでも始めやすいというだけではなく
「"場の雰囲気"や"ゲームの流れのを読み合い”といった、とても勝負性が強い側面」
も持ち合わせているので、じっくり嵌れる要素も持った深みのあるゲームです。

ブラックジャックプレイデモブラックジャック

ブラックジャックの基本知識と基本的な流れ

ブラックジャックの基本

ブラックジャックはジョーカーを除いた計52枚のカードを使ってプレイします。

ブラックジャックに於けるカードの扱いとしては、

2~9:数値通り
10~K:すべて10
A:"1" or "11"

という数え方になります。

基本的なゲームの流れ

 プレイするテーブルを選ぶ

 オンラインカジノのライブゲームには、1つのゲームにつき複数のテーブルが用意されていることが殆どです。

 そしてそれぞれのテーブルには『ミニマムベット』という賭け金の最低額が設定されていて、それ以下だとゲームに参加できないルールとされているので、所持金やプレイスタイルなどにあったテーブルを選択してください。

 賭け金となるチップをテーブル上に置く

 プレイヤーは参加したテーブルのミニマムベット以上のチップを賭けることで、ゲームに参加したとみなされます。

 ディーラーが自身と各プレイヤーにそれぞれ2枚のカードが配る

 各プレイヤーのゲームへの参加・不参加が決定すると、ディーラーは参加プレイヤーとディーラー自身に対してカードを伏せた状態で2枚ずつ配ります。

 但し、ディーラー自身のカードは1枚だけ表にされます。

 勝敗の予測と心理戦

 各プレイヤーはディーラーの表になったカードからディーラーのその時点での手役を予想して、自分のカードと比較し互いに探り合いながら追加でカードを貰うか現状維持にするかを決めます

 手役(ハンド)の確定

 参加したプレイヤー全員がカード追加をしなくなった後で、ディーラーは伏せてある側のカードを表に向け、配られた状態での自身の手役を公開します。
 その後はディーラーもカードを追加したりするけれども、公平になるようにディーラーは
合計が17以上になるまではカードを絶対に引き続けなければならない
というルールがある為、手札を公開した段階で16以下だった場合はディーラーの意志に関係なくカードを追加し、17以上になるまでそれを続けます。

勝敗の決定と配当

 ディーラーの手が確定したら、プレイヤーと比較を行い勝敗を決定します。

 負けた場合には賭け金は没収され、勝利した場合には賭け金と同じ額プラスされた額が配当されます。

 また、

「『A』と『10・J・Q・K』のいずれかの組み合わせで2枚で21(ブラックジャック)」

となった状態で勝った場合には、賭け金の1.5倍が配当にプラスされます。

(例:10ドルベットした場合、普通に勝つと20ドル(10+10)の配当が得られます。また、ブラックジャックで勝利した場合は25ドル(10+10*1.5)の配当が得られます)

gotoTop